<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 14日

収穫 第3弾

d0139594_503287.jpg
















先々週末から土・日返上で始まった収穫の第3弾。まず土・日の2日間はPoggio Scaletteの畑ではなく、
近所に今年ワイナリーを買ったユーリの友人でベルギー人のワイン商ベルナールの畑。
そして、やはり近所のワイナリーIl Tagliatoの畑。
周りから頼りにされ、それを引き受けるユーリの人柄から、ふたつのご近所さんの畑の収穫・醸造。

ベルナールはワイン商だがワイン造りは専門でなく、普段はイタリアに居ないので、
春前の選定から1年間ずっとユーリの指示で自分達が畑の世話をしてきた。
いよいよ収穫を迎えて、ベルギーから戻って来たベルナールと、友人一行。

そしてIl Tagliatoの畑、何も無かったRuffoliの山頂を開墾して、葡萄を植えた若き地質学者レオナルド。
以前勤めていたGreveの店によく食事に来てくれたり、誕生日ケーキを作ったり、一緒にVinitalyに行ったり、
彼のワインの素晴らしさもこれから世間に知られるという時に、若くして癌に侵され帰らぬ人となってしまった。
その後、彼の家は売りに出され、新オーナーのマルコによって畑は継続。自分にとっては今でもレオナルドの畑。
エノテカ・ピンキオーリのワインセラーで彼のワインBalze d'Istriceを見つけ、抜栓した時もそうだったが、
彼が植え、育てた葡萄を、今こうして自分の手で収穫、醸造するのは感慨深い。

ベルナールの葡萄とマルコの葡萄は、ベルナールのカンティーナで一緒に醸造。
そのコンサルティングを頼まれたユーリ。
ただしユーリは作業を行わず、自分が一人きりで全ての醸造作業を行うことに。
ユーリと、収穫を見届けてベルギーに帰るベルナールから、「任せたよ」とカンティーナの鍵を渡される。

そして週明け月曜日からは、いよいよPoggio Scaletteの収穫第3弾。
毎日夜明け前に起き、朝一番でベルナールのカンティーナに行き、バボと温度を計り、試飲。醸造作業を行う。
全ての器具を洗浄してから、急いでPoggio Scaletteに駆けつけ、
こちらでもまた全てのタンクのバボと温度を計り、試飲。醸造作業を進めていく。
畑から葡萄が届けば除梗をしてタンクに送り、大きなホースやらバケツやら担いで梯子を駆け登り、
葡萄と汗にまみれ駆けずり回る。夕方、収穫が済んだら、酵母を準備し、リモンタージュ。
Poggio Scaletteの作業を終えたら、夜にまたベルナールのカンティーナに戻り、
また醸造作業を行い、全ての器具の洗浄をし掃除を済ませ、家路に着く。

帰宅して泥のように眠るも、夜中、腕や肩や背中に、いきなり電流が流れるような痛みでしばしば目覚める。
あまりの腕の痛さに、腕が折れる夢で目を覚ます。
先週はそんな一週間を過ごしながら、週末もまた土・日返上で収穫・醸造。
朝早くから夜遅くまでの重労働も、休み無しで3週間目を迎えた。
そして昨日の午前中、ようやく今年の全ての葡萄の収穫を終える。
カンティーナでの作業はまだ毎日山積しているけど、とりあえずはほっとひと息。

by trimpilin | 2009-10-14 05:00 | ワイナリーの仕事 | Comments(6)
2009年 10月 02日

収穫 第2弾

d0139594_2359621.jpg












書くべきことは山ほど有るのに、なかなかゆっくりブログを書けなかった最近。
仕事の記録を自分のメモ代わりに。
先々週に2日間、白葡萄と、少しの早熟黒葡萄を収穫した後、残りの葡萄は更に成熟を続ける。
第1弾の収穫直後に降った、久しぶりの恵みの雨で、暑さで疲弊していた樹々は活力を取り戻し、
その後はまたずっと暑い晴れ続きと、秋の成熟に理想的な天候となった。

月曜日から再開した収穫の第2弾、
初日は、Santa Lucia畑とMassiconi,Campo del Prete,Campo al Borro各畑の一部。
葡萄の到着に備え、器具類、タンクのセッティングを済ませ、第一便の葡萄が届くと除梗をしタンクに送る。
更に葡萄の到着の合い間を縫って、アルコール発酵を終えた白ワインのコルマトゥーラを行い、バッリクを洗浄。
ユーリはカナダからのお客様を案内し、試飲をさせているので、一人でカンティーナでの作業を進めていく。
午後はカンティーナでの作業を終え、届いた葡萄の除梗をしたらそのままトラクターの荷台に乗り込み畑に向かう。
皆の収穫がはかどるよう、カラの籠を畝に散らし、葡萄の入った籠をトラクターに積み込み、
またカンティーナへ戻り除梗を行う。朝、収穫を始めてから10時間以上、
日暮れまでそれを繰り返しタンクを葡萄で満たしたら、酵母を調合し、梯子を登り大きなタンクの上でホースを担ぎ、
捕れたてのぶどうジュースを返り血のように浴びながらリモンタージュを行う。

2日目は、Volpe,Piantonaia,Campo al Borro各畑の一部を収穫。
第一便の到着を待つ間、器具類、タンクのセッティングを済ませ、前日に収穫したモストのバボを計り、試飲をする。
届いた葡萄を除梗しタンクに送ったら、トラクターの荷台に乗り込み畑に向かい、畝に籠を散らし、収穫に参加。
葡萄の入った籠が溜まったらトラクターに積み込み、トラクターの連結部に乗ってカンティーナに戻り、
除梗しタンクに送り、また畑に戻る。
日暮れまでそれを繰り返し、最終便のトラクターに乗り畦道を戻ると、目の前にびっくりするほど大きな夕焼け。
優しいオレンジと薄紫のグラデーションが夕空に溶け、あまりの綺麗さに疲れが少し癒される。
また気合いを入れ直して、除梗しタンクを満たし、酵母を調合、梯子を登りホースを担ぎ、リモンタージュを行う。

3日目は、Ruffoliを離れ、ヴィットリオの住むDudda畑の収穫。
この日はカンティーナとの往復をすることもなく、皆と共にひたすら収穫を続けていく。
冬に自分の手で剪定を行い、枝一本しかなかった樹に、
今たわわに実った葡萄を鋏で切り、労わるようにそっと籠に並べる。
これからはカンティーナでの作業が忙しくなり、もうなかなか畑に出れなくなるので、
こうやって収穫だけに没頭できるのはおそらく今日だけ。大切な時間。

第2弾の収穫は3日間で終え、今日はまたカンティーナでの作業。残りの葡萄は畑で更に成熟を続ける。
ユーリはスイスからのお客様を案内し、試飲をさせているので、また一人で作業を進めていく。
全てのモストのバボを計り、試飲。初日に収穫したモストのデレスタージュを行い、
Il Carbonaione 2005のエチケットを貼る

今週末はベルギーから来るベルナールの畑の収穫、醸造を行い、来週明けからまた第3弾の収穫を行う。
全ての畑の葡萄の成熟具合を観察し、一斉に収穫をしないのは勿論、各畑毎どころか、
各畑内を更に細かく分けて、それぞれの葡萄の最良の状態を待ち、何度にでも分けて最良の収穫を行う。
テマもヒマも喜んで掛ける。

by trimpilin | 2009-10-02 00:14 | ワイナリーの仕事 | Comments(4)