<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

瓶詰めの日々

d0139594_18323764.jpg
Imbottigliamentoの2日目、3日目は、
Il Carbonaione 2007を各1万本づつ
ひたすら瓶詰め。

最終日となる4日目は早朝から夜中まで、
4種類のワインの瓶詰めを続ける。

Richiari 2008
Amici 2008
Piantonaia 2007
Capogatto 2007

タンクやポンプ、チューブのワインに常に目と神経を配り続けながら、延々と繰り返す流れ作業の肉体労働。
精神的な緊張感と肉体的な疲労感も、4日目の夜遅くにいよいよ終わりが見えてくると、皆自然と笑顔がこぼれる。

by trimpilin | 2009-07-31 18:51 | ワイナリーの仕事 | Comments(2)
2009年 07月 29日

Imbottigliamento

d0139594_3453010.jpg












今年もまた瓶詰め作業。初日は本数の少ないワインを手作業で行う。
Trebbiano Toscano 2008 (自家消費用)
Il Carbonaione 2007
  Magnum(1500ml),Doppio Magnum(3000ml),Imperial(6000ml),Balthazar(12000ml)
Piantonaia 2007
  Magnum(1500ml),Doppio Magnum(3000ml)

by trimpilin | 2009-07-29 04:30 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)
2009年 07月 22日

Sangiovese di Sottostrada

d0139594_20154536.jpg







Sangiovese di Sottostrada
2009.07.21

by trimpilin | 2009-07-22 20:26 | ワイナリーの仕事 | Comments(2)
2009年 07月 15日

変わらぬ味

d0139594_19253838.jpg





2003年と2004年に修行をし、
自分にとっての基礎となる店。
Bolognaの山奥Savignoにある、
Trattoria Da Amerigo。
5年経った今でも月に一度は顔を出す。
日本からの友人と久しぶりのランチ、
アンナが手で打ち、ジュリアーナが包むパスタ。
いつも変わらぬ、ノンナの味。

by trimpilin | 2009-07-15 20:12 | お店 | Comments(2)
2009年 07月 13日

1゜ Convegno Vitivinicoltura Biodinamica Moderna

d0139594_20445976.jpg

Cerreto Guidiの
Villa Mediceaで行われた、
第1回現代的ビオディナミ会議。

サン・ミケーレ、ピサ、フィレンツェ各大学教授と、
アグロノモのレオネッロ・アネッロ氏による
セミナーに加え、10種のテイスティング。
テイスティングのナビゲーターは
アンドレア・ゴーリ

by trimpilin | 2009-07-13 21:01 | ワイン | Comments(0)
2009年 07月 10日

親友

d0139594_22102245.jpg













14年も前に共に働いていた戦友が、日本からやってきた。
まだ駆け出しの頃に、挫けそうになりながら、共に励まし合い、学び、働いた仲。
押し潰されそうになりながら、ブルーハーツをBGMに二人で仕込みを続けた仲。
イタリアでは同じ店では働かなかったけど、共に語り、旅をした。
東京での相変わらずハードな仕事を終えて、また新しい挑戦を始める前に、
再びイタリアの空気を吸い込み、再充電をしに来た二ヶ月間。
毎晩、いつまでも話は尽きない。

by trimpilin | 2009-07-10 22:17 | 生活 | Comments(6)
2009年 07月 08日

Riempimento delle Barrique

d0139594_0425998.jpg







Il Carbonaione 2008をバリックに移す。
紐と水平器を使ってバリックを整然と並べていく。

by trimpilin | 2009-07-08 00:59 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)
2009年 07月 06日

Rosso di Montalcino 2006 Stella di Campalto (San Giuseppe)

d0139594_362190.jpg





鴨胸肉スモークのカルパッチョ、
庭のキュウリのパンツァネッラ、
仔羊塊肉の庭のハーブ包み焼き、
パターテ・フリッテ、
トルタ・デッラ・ノンナと。

淡く熟成の兆しの差し込んだ色調。澄んだ赤い果実に、時間以上の熟成を想わせる香り。
爽やかで繊細ながら深いハーブとスパイス。心地良く控えめなシナモンとカカオの甘み。
柔らかで滑らかな当たりと甘みに、酸と渋みが綺麗に馴染む終わり味。
淡く、繊細で、ピュアで、自然体。
どちらも最高のRosso di Montalcinoのひとつと言える味わいながら、
より肩の力が抜けたナチュラルな印象は、2005年ヴィンテージとはまた違った個性を見せる。

by trimpilin | 2009-07-06 03:16 | 晩酌 | Comments(0)
2009年 07月 03日

カルチョ

d0139594_7492931.jpg












友人で元同僚のガブリエレから電話。また、前職場エノテカ・ピンキオーリのキッチンVSホールのカルチェット(フットサル)対抗戦のお誘い。キッチンチームは、シェフ、スーシェフをはじめ脚自慢のコックたち、GKはパティシエのフランチェスコ。ホールチームは、気の合うソムリエ、マッシモとガブリエレ、副支配人のアレッサンドロにメートルのマーク、GKはコミのジョナサン。唯一自分だけが現在は店で働いていないが、辞めてから1年経っても未だに誘ってくれる友人たちの気持ちが嬉しい。
サッカーを始めてから今年でちょうど30年。小、中、高、社会人、少年のコーチとしてきて、イタリアに来てからはなんとか時間を作って仲間たちとカルチェット。子供の頃から華やかな思い出よりは苦労や挫折ばかりだったけれど、下手なりにこの歳まで飽きずに続けているのは、やっぱり好きなんだと思う。競技者としてのピークは10年も前に過ぎているけど、衰えていく体力、技術と仲良く付き合いながら、仲間たちと楽しくボールを蹴っていると、仕事の疲れも吹き飛び、心身ともにリフレッシュされる。楽しいひと時。

by trimpilin | 2009-07-03 08:48 | 生活 | Comments(2)
2009年 07月 02日

Collaggio

d0139594_255761.jpg




樽熟成を経たワインを、
バリック、ピエスからタンクに移し清澄作業。
沈殿、濾過の後、瓶詰めを行う。

Il Carbonaione 2007
Piantonaia 2007
Capogatto 2007
Richiari 2008
をタンクから試飲。

by trimpilin | 2009-07-02 02:57 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)