トスカーナのソムリエ

vini.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 27日

春はもうすぐ

d0139594_8363375.jpg朝、畑に向かう時、
車の窓ガラスには霜が降りているけど、
車全部が真っ白に凍っているような寒さは無くなった。
日の出が早くなって、運転中に飛び込んでくる、
大きな朝焼けの角度が変わった。
葡萄畑が続く一本道を走っていると、
畑の脇を大きな野ウサギが駆けていた。
日陰のうちは寒いけど、
日が出てくるとニットの袖を捲り上げて畑仕事をする。
朝の空気が、
だんだんと春のそれに変わってきている。

by trimpilin | 2009-02-27 08:48 | 生活 | Comments(0)
2009年 02月 26日

Etichettatura

d0139594_23473223.jpg






ユーリと二人でIl Carbonaione 2005のエチケット貼り。
2004年の収穫のあとに、
2005年に向けて畑を柔らかく耕した時から、
畑やカンティーナでの無数の仕事と、4年以上の月日を経て、
これが一番最後の仕事。
美味しく飲まれることを願いながら、木箱の蓋を閉じる。

by trimpilin | 2009-02-26 08:19 | ワイナリーの仕事 | Comments(3)
2009年 02月 25日

最後の一杯

d0139594_2237228.jpg











畑仕事の合い間を縫って、数百杯のワインを試飲し、百人以上の生産者と話した一週間。

最終日、Vino Nobileの試飲を終えて、またMontalcinoへとんぼ返り。
Benvenutoに出展していない、最良の生産者たちのうちの数人が、市内のエノテカの地下で小さな試飲会。

数百杯の最後の一杯は、尊敬すべき女性生産者による、
初めてリリースされたばかりの、ファースト・ヴィンテージのBrunello 2004。

by trimpilin | 2009-02-25 00:02 | ワイン | Comments(0)
2009年 02月 24日

Anteprima del Vino Nobile di Montepulciano

d0139594_3545929.jpg











一週間続いたアンテプリマの最後はVino Nobile di Montepulciano。
各生産者たちは何処を目指して、何処に辿り着くのか。
「高貴なワイン」という名の呪縛。
トスカーナのSangiovesiの中でのアイデンティティ。
掛け違えられた伝統に捉われない本当の伝統。
おそらく抜本的な変革を最も必要とされているDOCGのひとつ。

by trimpilin | 2009-02-24 04:14 | ワイン | Comments(0)
2009年 02月 23日

Benvenuto Brunello 2009

d0139594_373385.jpg





146の生産者が参加した、
今年のBenvenuto Brunello。
近年は協会加盟の3割ほど、
特に幾つかの最良の造り手の不参加もあるが、
天候に恵まれた2004年のBrunelloと、
暑い夏が若飲みに心地良い果実感を与える
2007年のRossoを中心とした興味深い試飲会。
夜はまた今年も、生産者たちの夕食会に呼んで貰い、
また今年も、ワインに対する自分の浅さを知らされる。
より深い理解を渇望するも、近道の無い長い道のり。

by trimpilin | 2009-02-23 09:12 | ワイン | Comments(2)
2009年 02月 20日

Stralciatura

d0139594_4385515.jpg




剪定を終えた畑の枝はワイヤーから剥がし、
短く切って畝に並べる。
Cordoneに仕立てられた樹には、
距(けづめ)と小さな芽だけが残る。

by trimpilin | 2009-02-20 07:42 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)
2009年 02月 19日

Chianti Classico Collection 2009

d0139594_4531881.jpg
今週2つ目のアンテプリマ(プリムール)試飲会は、
キャンティ・クラッシコ協会の主催。
143の生産者による428本+α。

樽からのサンプルとなる2008年の天候の評価は、
キャンティ・クラッシコ地区内でも、
各生産者により分かれるところ。

多くの生産者が比較的容易に高品質に造り上げる恵まれた年、
優良年の中でも更に抜きん出る限られた生産者、
品質、収量の維持、栽培、醸造作業が困難を極める年、
難しい年にこそ分かれる各生産者の質の違い、
難しい年でも高品質に造り上げる幾つかの生産者、
素晴らしい生産者ですら時に越えることのできない自然の力、

一年という歳月を、
星の数だけでは表せない。表してはいけない。

by trimpilin | 2009-02-19 07:56 | ワイン | Comments(0)
2009年 02月 18日

Anteprima Vernaccia di San Gimignano

d0139594_9324187.jpg





トスカーナの目ぼしいDOCGの
アンテプリマ(プリムール)試飲会が続く一週間。

まず初めに催されたのはVernaccia di San Gimignano。
07年、08年と天候に恵まれ満足気の生産者たち。

昨年はロワール、今年はローヌと、
フランスからも生産者とワインを招待しているこの試飲会。
出展ワインの中で特に印象に残った一杯は、
VernacciaよりもChaveのHermitage、、、

by trimpilin | 2009-02-18 10:13 | ワイン | Comments(0)
2009年 02月 17日

ワイン王国 49号

d0139594_21213132.jpg






今週2月15日に発売されました。
ご興味のある方はご覧になってみてください。

by trimpilin | 2009-02-17 21:27 | 情報 | Comments(0)
2009年 02月 16日

Barbaresco Vigna Borgese 1996 Piero Busso

d0139594_21482653.jpg


クラテッロから作ったサラミ"Strolghino"、
トルテッリーニ・アッラ・パンナ、
牛ヒレとポルチーニのソテーと。

期待を膨らませる、枯れと照りと抜け。
干果と赤果の絶妙な共存。
繊細でエレガントな、
スパイス、ソットボスコ、深い旨み。
濡れた丸太の表皮、岩海苔。
柔らかく、きめ細かく、滑らかな酒質。
ぽってりと澄んだ淡く赤い果実と共に、
引きつつ深く長い旨み。
自然でクラシカル、
誠実でエレガント。
造り手の顔が見える一本。

by trimpilin | 2009-02-16 21:50 | 晩酌 | Comments(0)