トスカーナのソムリエ

vini.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

maturano di piu

d0139594_17554281.jpg一時帰国中に収穫が始まってしまうかも
と心配したメルローは、
逆にまだ来週まで成熟を続けられる。
この時期に最も怖いのが、
一年掛けて育てた葡萄を台無しにする、
雨や病気やカビなどで、
すでに収穫を終えた生産者も多い中、
類稀な恵まれた微小気候の恩恵により、
他よりもひと月近く遅い収穫。
じっくりと成熟を重ねていくことによって、
糖度のみならず、風味や香りや色合い、
数値には表れないものまでもが、
ゆっくりゆっくり熟していく。




by trimpilin | 2008-09-30 18:27 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)
2008年 09月 29日

8゜Degustazione Vinoteca al Chianti

d0139594_4121331.jpg慌しい一時帰国を終えて再びトスカーナへ。
寝不足と大荷物を抱えた長旅の末、
夜のフィレンツェ空港に到着した翌日には、
行きつけのエノテカ恒例の試飲会。
近所だから行くのでなく、
こだわりの親子による、
イタリアワイン500種類の試飲会は、
個人の酒屋の試飲会としては最大規模。
明日からはまた畑に戻りシャルドネの醸造。
そして毎週末必ずどこかの町で、
試飲会や収穫祭が行われる。
また、ワイン三昧の日々。




by trimpilin | 2008-09-29 04:16 | ワイン | Comments(2)
2008年 09月 19日

帰国

d0139594_644361.jpg
11月にトリノで行われる、
ICIF主催国際料理コンテスト。
審査で選ばれた6名で行われる、
日本代表最終選考会に出場する為、
正味5日間だけの一時帰国。
畑仕事の合間を縫っての短い日程も、
葡萄を思うと落ち着かぬほど長くも感じる。
このまま更に最後の成熟を経て、
来週戻ってすぐ収穫となれば申し分無いが、
自然が相手なので、どうなるかはわからない。





by trimpilin | 2008-09-19 15:03 | ワイナリーの仕事 | Comments(2)
2008年 09月 18日

navigare nella vigna

d0139594_2221332.jpg

出発前日は、朝からユーリと二人で、
全ての葡萄の糖度を計る。

歩いて覗いて食べて、
歩いて覗いて食べて、

果汁を光に翳して、
糖度計を覗くユーリの姿は、
さながら広大な葡萄の海を、
望遠鏡で見渡す船長のよう。




by trimpilin | 2008-09-18 22:28 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)
2008年 09月 17日

un'altra volta

d0139594_2235535.jpg












今日もまたディーノと組んで畑の手入れ。黙々と葉を除き枝を整えながら歩き続ける。仕事を終え、じゃあまた明日と、みんなと別れ、一人で畑の中を歩き始めると、作業ズボンの太腿の辺りに、また今日も大きな赤いてんとう虫。あ、と思って、捕まえも払いもせず眺めていると、しばらくトコトコと歩き廻った後、ズボンのポッケの蓋の裏に留まってじっと動かない。しばらくすると、またトコトコと歩き出し、Tシャツの上をさんざん歩き廻ったかと思うと、肩を伝って左腕にずっと留まっていた。畑の道のりも終わり、知らない所に連れて行くのも可哀相なので、メルローの葉に留まらせてきたが、かれこれ30分はくっついていた。

葡萄畑にてんとう虫はつきものだけど、今の時期、もう、ひと月半以上は畑で見かけることもなかったのに、数日前に、僕にとってまたひとつ小さな挑戦をしに行こうと決めてから、昨日、今日と二日続けてひょっこり現れて、ちょっと疲れている僕に、「まあ、がんばれよ。」と言ってった。「まあ、」ってなんだよ。また一人で、にやっと苦笑い。




by trimpilin | 2008-09-17 22:56 | ワイナリーの仕事 | Comments(2)
2008年 09月 16日

spero che mi porti la fortuna

d0139594_21355162.jpg












延々と続く除葉と畑の手入れ。10年働くディーノと葡萄の樹列のあっちとこっちになって、両側から葉を取ったり枝を整えたりしながらひたすら歩き続ける。最良の状態で葡萄を維持しないといけないが、あまり細かいことに拘って時間を掛けると、15haある畑の全ての葡萄に、必要なタイミングで手を差し伸べることができなくなる。そのあたりの微妙な加減は各々の判断。

まだ若い樹は一人で立つことができず、鉄の棒に支えられ紐で緩く固定される。ちょうどその紐の高さで葡萄が育って、輪っかの中でくしゃくしゃになった枯葉と一緒に、少し潰されて窮屈そうな一房の葡萄。とは言え綺麗に育っているのでディーノはスルー。僕は立ち止まり腰を下ろし、鋏で紐を切る。葡萄を傷つけないように紐を外し、葉っぱを外し、何の気なしにくしゃくしゃになった枯葉を開いてみると、季節外れの大きなてんとう虫

色々なことが重なった忙しさの中、風邪を引きながら畑仕事。ありがとう。と言ったのか、起こすなよ。と言ったのか知らないけど、一人で、にやっとして、小さな深呼吸をして、また歩き出す。




by trimpilin | 2008-09-16 22:02 | ワイナリーの仕事 | Comments(0)
2008年 09月 15日

XVIII Rassegna del Chianti Classico

d0139594_23413.jpg恒例のGreve in Chiantiでの試飲会。
今年は初日の金曜日が晴れのち豪雨、
土曜日も雨、日曜日が時々雨と、
天候に恵まれず人出も少なかったが、
収穫の遅い生産者にとっては、
待ちわびた恵みの雨。
葡萄のみならず、トリュフにも、キノコにも、
乾いていたトスカーナを一気に潤した。
これからの季節、
毎週末必ずどこかの町や村で、
大小様々な試飲会やら収穫祭が行われる。
トスカーナで一番楽しい季節のはじまり。




by trimpilin | 2008-09-15 22:09 | ワイン | Comments(2)
2008年 09月 14日

Orum 2005 San Luciano

d0139594_1821731.jpg

フェットゥンタ、
鯛と庭のプチトマトのパッケリ、
鰯とアンディーブのローマ風オーブン焼き、
チーズ色々と。

黄色キウイに、
アカシア独特の心地良い甘みとほろ苦みが、
綺麗に折り重なった香りの透明感。
大き過ぎないスケールに、
ヴェルメンティーノのぽってりとしたふくよかさ。
澄んだ酒質とアルコールの厚みに、
もったりと終わらせない、
綺麗な酸と旨いミネラルがシャープに締める、
印象的な質の高い終わり味。

アレッツォ近郊の隠れた名醸地の誠実な生産者の人柄が、そのまま映し出されたような造りは、
その他のラインのワイン同様、非常に高いコストパフォーマンスで、綺麗で素直で自然体。
ワインの師匠H氏が試験的に手掛けた一本は、生産量も少なく市場にもほとんど出回らないが、
トスカーナ最良の白ワインのひとつ。素朴で温かなエチケットもワインと造り手の人柄と重なる。
まだあまり知られていないが、手頃な価格で良質なワインを生産する誠実な造り手。




by trimpilin | 2008-09-14 06:42 | 晩酌 | Comments(2)
2008年 09月 13日

MAC DARIO

d0139594_8371673.jpg

ワイナリーでの畑仕事のあとに、
時々昼飯に立ち寄るマック・ダリオ。
Panzano in Chiantiの名物肉屋、
ダリオが始めたキャンティのファーストフード。
世界共通言語ハンバーガーを分解した一皿は、
よく見ても見なくても紛れもないシンプルなトスカーナ。
€10でお肉でお腹が膨れる昼飯は、
バカンス客と共に、
土地柄ワイナリー関係者など近所で働くビジネスマンも。
土地と食材をリスペクトした、
キャンティのスロウなファーストフード。







by trimpilin | 2008-09-13 09:09 | お店 | Comments(3)
2008年 09月 11日

Champagne Brut N.V. Laurent Perrier

d0139594_23204362.jpgリュベロン・ゴルドの肉屋お手製のフロマージュ・ド・テート、
アベトーネのじゃが芋とインゲンの
アイヨリとマスタード風味のサラダ、
薪で焼いたロスティッチャーナ、
庭のサラダと。

コンパクトだが深い紅玉と澄んだバゲット。
細く長い酸と旨いほろ苦み。
万人に好まれるクリアな酒質の優良な造り。

シャンパーニュを海と合わせて外れる筈は無いが、
個人的に好きな山との合わせ。
豚頭のゼラチン質とスパイス、
アベトーネのじゃが芋の日本的な滋味深いホクホク感と、
アイヨリマスタードの心地良いピリピリ感、
ロスティッチャーナの旨みのある脂、香ばしさ、ほろ苦さ。

積極的には受け入れないプリモピアットを飛ばした、アンティとセコンドだけのより晩酌的な食事に馴染む。
牛や羊や鶏ではなく豚。プロセッコやフランチャコルタではなくシャンパーニュ。
定番ではない、出逢いのもの。




by trimpilin | 2008-09-11 23:47 | 晩酌 | Comments(2)