トスカーナのソムリエ

vini.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 25日

Uis Blancis 2006 Borc Dodon

d0139594_404036.jpg

麦とオリーブとペコリーノのサラダ、
鯛とじゃが芋のオーブン焼きと。

褐色掛かった厚い琥珀。
干杏、蜂蜜、松脂の深みとフロール香。
ポテンシャルとマチェラツィオーネによる複雑さと、
吸い込むような自然な当たり。
やや青い収斂性と刺すような酢酸が
姿を見せる終わり味。

いわゆる普通の白と自然派の白との比較でなく、自然派と呼ばれるものの中でも、
酒質、味わいの筋が、澄んだもの、そうでないもの。
そのニュアンスをある面で持ち、ある面で持たない。
深くシャープで非凡な造りでありつつ、梗由来のタンニンと刺すような酢酸の終わり味は、
個人的には、白ワインの味わいとして必ずしも好ましいと思わない。

by trimpilin | 2009-05-25 04:14 | 晩酌 | Comments(0)


<< Alla Corte del ...      5月の畑 >>